基本に戻ってダイエットをシンプルに考えましょう!

様々なダイエット方法や「それ実は逆効果です!」という情報が溢れている世の中です。

ダイエットに真剣であればあるほど、全ての情報に振り回されます。

そのうちに何が正しくて何が間違っているのか、自分は一体どう頑張ったら良いのか分からなくなってきたりします。

そんな時は一度頭の中をリセットしてみましょう。

なぜ太るのか、なぜ痩せるのかをシンプルに捉えることからスタートするのです。

それは、単純に摂取カロリーと消費カロリーの関係です。

摂取カロリーは食べたり飲んだりして身体に取り込んだエネルギーで、消費カロリーは動いたり頭を使ったりすることで使うエネルギーです。

摂取カロリーが消費カロリーを上回れば太り、消費カロリーが摂取カロリーを上回れば痩せます。

このようにシンプルな仕組みに戻って再スタートしてみましょう!

注目すべきは摂取カロリーではなく消費カロリー!?

カロリーの話になると、どうしてもカロリーを摂取しないようにする!という方向に走りがちです。

しかし上手に綺麗に健康的にダイエットをしたいと思うなら摂取カロリーではなく消費カロリーに目を向けて下さい。

もちろん摂取カロリーに関しても、“暴飲暴食”や“毎日欠かさずジャンクフード!”という食生活を毎日続けていては健康にも良くありませんので、その場合には改善する必要があります。

しかし、運動が嫌いなので消費カロリーを増やすより、極限まで食べずに摂取カロリーを減らします!という考え方はあまり好ましくありません。

内面的にも外見的にも、そして効率の良いダイエットをする為にも消費カロリーを増やす方向で努力していきましょう。

運動だけじゃない!?こんなことでもカロリーは消費出来るのです!

消費カロリーを増やすにはどうしたら良いのでしょうか。

まず運動したり、歩いたりなど動くことで消費出来ますね。

運動という特別な行為をしなくても、日常生活の中でいつもより少し意欲的に動くだけでも消費カロリーは変わってきます。

例えばティッシュやリモコンを常に遠くに置いておくようにすることで、いちいち立ち上がって取りに行く必要が出てきます。

普通なら面倒なゴミの日も、ゴミという程良い重さの負荷をつけた運動で、ダイエットの一環だと思えば気持ちも明るくなりますよ。

さらに、実は食べることでもエネルギーは使われているのです。

これを“食事誘発性熱産生”と言います。

食事をすると、身体はそれを消化吸収するために動き始めます。

その消化吸収にも、エネルギーが必要とされるのです。

だからこそ、摂取カロリーを下げたいからと言って食事を減らすことは、せっかくのカロリー消費の場を減らしてしまっているとも言えるのです。

もし、この食事誘発性熱産生をフルに活用したいと思うのであれば、脂分の少ない赤身のお肉がおすすめです。

糖質や脂質のみを食べた時と、タンパク質のみを食べた時を比べるとタンパク質のみを食べた時の方が格段に効率良くエネルギーを消費出来るといわれています。

そして意外ですが、ご飯も効率良く燃焼できる食べ物の1つなのです。

炭水化物抜きダイエットを行っている人が増えてきていますが、たまにはご飯も朝食などで取り入れるのも良いと思います。

さて…お待たせしました!

実はこれが1番言いたかったことです。

ダイエットしている人にとっては、涙が出るほどありがたい消費カロリーがありますよね!

そうです、基礎代謝です。

意識することなく、ただ身体が生命を維持するために使ってくれるカロリーです。

この基礎代謝を現状よりも上げることがダイエットにはとても良い方法なのです。

基礎代謝を上げたければ大きな筋肉と眠っている筋肉を狙え!?

筋肉を維持するには、エネルギーが必要です。

体重が同じでも筋肉量の多い人と少ない人では、筋肉量の多い人の方が代謝の良い身体であると言えます。

ボディービルダーのようなトレーニングをするべき、などとは間違っても言いません。

痩せやすい身体を作る為に、基礎代謝を上げる為に、筋肉量を増やしたいだけなので無理にジムに通う必要もありません。

自宅で毎日スクワットをして下さい。

小さな筋肉を攻めるよりも大きな筋肉をターゲットにした方が効率良く基礎代謝を上げることが出来ます。

スクワットは全身運動ですが、特に太ももの大腿四頭筋を主として使う動きです。

大腿四頭筋は身体の中で1番大きな筋肉なのです。

もし、スクワットは難しいという場合には、背中の筋肉に注目してみましょう。

多くの人が背中の筋肉に意識を向けることなく生活しているのではないでしょうか。

この、普段注目されない筋肉を意識的に動かして、「自分も筋肉なのだ!」と気付かせてあげて下さい。

そうすることで背中の筋肉もしっかりとエネルギーを消費してくれる存在に変化します。

例えば、腕をまっすぐ横に広げて、ゆっくりと肘を脇腹に近付けるように90度に曲げていくことでジンワリと背中の筋肉を動かすことが出来ます。

一息つくたびに肩甲骨を中央に寄せる動作を行うように心がけてみましょう。

肩甲骨周りの筋肉が目覚めると共に姿勢も良くなり、気持ちも前向きになれるはずですよ。

痩せたい気持ちに押しつぶされずに、何事も楽しめるように心がけたいですね。