衝撃的な題名で不安にかられている人もいるかと思います。

筋トレには休息も必要!と言っておきながら、一週間休んだだけで筋肉が落ちてしまうとは…

休むのが怖くなってしまいますよね。

しかし、結論から言うと1週間では筋肉量は減りません。

だからと言ってズルズルとジムや筋トレから遠ざかってしまえば、もちろん筋肉が落ちていきます。

1週間何もしなかったときに落ちるのは筋肉量ではなく!?

筋トレのスケジュールをしっかり組んでいても、体調を崩したり仕事や学校、家事に追われたりと予定通りにいかない事もあります。

気付けば1週間筋トレ出来ていない事に気付き、愕然とすることもあるでしょう。

今までの努力が無駄になってしまったかもしれない…

どれくらいのレベルからやり直さなければならないのか…

そんなことを考えているうちに筋トレから遠ざかってしまう人もいるかもしれません。

筋トレはやり始めると止められなくなりますが、自分の意志ではどうしようも出来ない理由により筋トレから離れてしまうと、面倒になったり「別にいいかな」という気持ちが湧いてきてしまったりするものです。

しかし、思い出して下さい。

あの筋トレ後の高揚感や満足感、そして達成感!

1週間出来なかったくらいでは筋肉量は落ちません。

落ちているとすれば、筋力です。

合成された筋肉たちが全員働いてくれていたからこそ持ち上げられた重さが、1週間何もしない事により何人か眠ってしまい前回と同じ負荷がきつく感じるかもしれません。

ですが、まだ筋肉自体はそこにいて眠っているだけです。

再び刺激を与え起こしてあげれば働き始めます。

積み上げてきた筋トレ経験によっては、むしろ蓄積疲労の完全除去でパワーアップ!?

筋トレを始めてどれくらいの期間が経っているかによっても1週間の筋トレ離れの結果は変わってきます。

人間関係と同じようなところもあるでしょうか。

昨日今日会って意気投合した人とは1週間連絡を取らなければ関係性は薄くなりますし、いざ連絡しようと思っても多少躊躇します。

それが数年来の友人だった場合には、1週間連絡を取らなかった所で関係性に変化は生じません。

何事も無かったかのように連絡して、会う事も出来ますよね。

筋トレも同じです。

長い期間かけて作り上げてきた筋肉であれば、1週間何もしなかったくらいでは筋肉量はもちろん筋力も落ちない可能性が高いです。

これまでずっと全員で力を発揮してきた習慣があるので、1週間使われなくても眠ってしまう事はないのです。

むしろ、それほど習慣的に筋トレを頑張ってきた人の1週間の休息は良い方向に転がる場合もあります。

適度な休息を取っているつもりでも、気付かないうちに疲労は溜まっているものです。

その疲労全てが抜けきることで以前上がらなかった重量が1週間後ギリギリ持ち上がったりもするのです。

逆に、まだ1回2回しか筋トレをやっていないという人の場合には、筋肉量や筋力にそれほど変化が出ていない段階だと考えられます。

それでも筋トレのフォームは記憶に残っているはずです。

また最初からでは嫌になってしまいますが、全くのゼロからではありません。

筋力が落ちるほどやる前で良かった!と思って、気持ちを入れ替え再び筋トレに励みましょう。

怠け癖をつけたらおしまいです!最初のうちは自分に厳しくいきましょう!

“1週間筋トレをしなくても筋肉が落ちない”ということを知ってしまうと、いろいろな理由をつけて筋トレを休んでしまいがちになります。

「今日は雨だからジム行くのはやめよう」「友達からの誘いが断れなかった」などジムや筋トレを休む理由なんていくらでも見つけられます。

1週間くらい気にせず休んで蓄積された疲労を除去しましょう!と自信を持って言えるのは、かなり熟練した筋トレーニーです。

最初のうちは少し自分に厳しく週2~3回の筋トレは最低でも守っていきたいものです。

もちろんどうしても出来なかった、という場合には焦る必要はありません。

怠け心から来る休息には、注意が必要ということですね。